四次対策実施しました

愛知県が、「特別警戒都道府県」に指定されました。
引き続き「3密」を避ける為に、分割礼拝と席間2m確保、手指消毒・施設消毒を進めると共に、本日より玄関でセルフチェック表への記録を実施いただきました。
うつされないための注意から、うつさないための配慮への、注意の重点が移りつつあることに対応しました。
1枚目の写真は、玄関の様子です。先ず、手指消毒、次にチェックリスト、そして出席簿です。正面玄関の扉と下駄箱の扉は、各礼拝前20分から礼拝後30分を開放し、来会者が触れないように工夫しています。
2枚目の写真は、A礼拝(08:30~09:20)でのチェックリストへの書き込みです。皆さん、体温と共に状況をチェックしてくださいました。
今後も、小さな対応を積み重ねていきたいと願います。信徒さんが、接触減8割に取り組み、残りの2割に礼拝を入れていた下さる事に敬意を表し、礼拝を続けていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。