信徒セミナー始まる!

 信徒対象「家の教会」オンラインセミナーが始まりました。4月9.10日と16.17日の4日間行われます。今回は新潟、茨城、千葉、東京、神奈川、愛知、京都、大阪、兵庫から25名が参加。春は招待キリスト教会の主催ですが、事情により講義のみ私の担当となりました。5年ぶりに信徒セミナーの講師を務めるので、2016年の資料を確かめ、祈りつつ臨みました。
 講師は情報を整頓し提供する立場ですが、前半を終わり、改めて家の教会に関わる奉仕には、労苦に勝る恵みが多いと感じました。
 まず、招待教会から奉仕いただいたA夫妻、B姉、C兄、D夫妻4組の牧者の証です。初期から17年16年の経験を重ねたA・B両牧者。牧者だからこそ味わう、魂の救いと弟子作りに励む価値ある労苦に対する満足。主が出合わせたVIPに献げた想像を超える犠牲と、それに勝る喜びが証されました。B姉のご主人は、反対者から協力者に、そして受洗して天に召されました。C兄は30歳のシングル。会社の重責を果たしつつ、独身を生かし多くの時間を夫婦2組を含む牧場家族との個人的な励ましに用いています。何よりも、愛しい牧場家族への祈りを通して、父なる神の愛を経験。ご自分の複雑な生い立ちの傷が癒された証に感動しました。D兄は若くして消防隊の隊長に任ぜられましたが、直後に心的外傷後ストレス障害で休職。主は、休職直後に牧場家族の大きな課題を与えられましたが、牧場家族と共に仕え、素晴らしい祝福をいただきました。主はどん底にあっても用いて、祝される方であることが証されました。
 もう一つの恵みは、講義をする自分の姿です。家の教会にある恵みを、講義と質疑応答を通して、普段にも増して生き生きと嬉しそうに語っているのです。どうやら私は、心底、家の教会の素晴らしさに魅了されているようです。続く後半の祝福もお祈りください。 「行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。」マタイ28:19抜粋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。